アクアリストフリーランス(仮)

人生一度きり。後悔しない人生に。

鳴門の渦潮 in 徳島 【旅行シリーズpart5】

 

どうも@loveimori1です。

 

 

今回は徳島県の鳴門の渦潮を見てきました。

こちらの汽船乗り場から船に乗りました。

運賃は大人 1550円 子供(小学生) 780円です。

 

チケット売り場で購入。

 

 

いざ出航です。

 

大鳴門橋が見えてきました。

 

写真では伝わりませんがなかなかの迫力です。

 

鳴門海峡は、中央部の最深部で約200mほどあり、潮流は速く流れ、これを本流と呼びます。

一方、本流の両岸は浅瀬になっているため流れは緩やかです。
渦潮は、この本流の速い流れに両岸の緩やかな流れが巻き込まれるような形で発生します。

鳴門海峡の潮流は日本一の速さを誇り、大潮の最速時には10ノット以上(約20km/h)にもなります。
世界においてもイタリアの「メッシーナ海峡」とカナダの「セイモア海峡」と並ぶ、世界三大潮流と言われています。

 

瀬戸内海側の海面が高く見えます。

この落差によって海流が発生しているんですね。

 最後に、渦潮の発生は満潮・干潮によって変わるので時間帯をあらかじめ確認しておくことをおすすめします。

www.uzushio-kisen.com

 

鳴門の渦潮を上から見ることもできます。

www.uzunomichi.jp

 

 

読者登録、★、Twitterinstagramフォローよろしくお願いします。

www.instagram.com