アクアリストフリーランス(仮)

人生一度きり。後悔しない人生に。

日本改良めだか研究所へ行ってきました【アクアリウム,ビオトープ】

 

どうも!f:id:Aquaimori:20180622150212j:plainもりぞう(@loveimori1)とf:id:Aquaimori:20180622150214j:plainモリミです。

 

はい!

今回は日本改良めだか研究所へ行ってきました。

撮影許可およびSNS,ブログへの写真upの許可は頂いています。

 

日本改良めだか研究所

数十種類のめだかを育成、品種改良そして販売などを10年以上続けられているようです。

日本メダカ協同組合理事や全国大会審査委員長も努められている深川さんの養殖場です。

 

写真

写真に写っている方が深川さんです。背中から漂うただ者ではない感。

凄まじい数の角型タライでした。これらの数を管理している、、、やはりただ者ではない!

f:id:Aquaimori:20180621190129j:plain

f:id:Aquaimori:20180621190125j:plain

 

皆元気よく泳いでいて一匹一匹大切に育てられていることが伝わってきました。

こんなにも黒いめだかを見たのは初めてでした。

f:id:Aquaimori:20180621190131j:plain

f:id:Aquaimori:20180621190133j:plain

 

外でめだかも飼育しておりますが、もっとビオトープを華やかにしたいということでこちらの紅白パンダめだかをお迎えしました。いい体格で元気です。そしてよく見ると産卵していたので、すぐにスタバのカップに移しました。

https://www.instagram.com/p/BkShiTkncjR/

インスタグラム

深川さんの一番のお気に入りのめだかも動画で撮影してみましたが上手く撮影できていないのが残念です。

 

水合わせと温度合わせをしてスイレン鉢に移してあげました。

見えませんが移動完了。またもや産卵していました!!

状態がよすぎます。 

 

まとめ

換水のタイミングやラムズホーンによる水質悪化のサインなど、めだか飼育の話を聞けてよかったです。

「水道水よりも井戸水で育てた方が、めだか達が活き活きとしているのが伝わってくる。その様子を見ていると楽しい。」

とおっしゃっていたのが印象的でした。

めだかの調子が分かってしまうその感覚。私もイモリの飼育をしていますから何となく分かる気がしました。

楽しいことを仕事にするってすごくいいことですよね。

心からそう思います。

 

日本改良めだか研究所 リンク

プレゼント企画もあるみたいなので是非チェックしてみてください。

ameblo.jp

www.medaka-himeken.com

 

読者登録、★、Twitterinstagramフォローよろしくお願いします。

www.instagram.com