アクアリストフリーランス(仮)

人生一度きり。後悔しない人生に。

マダライモリのパルダリウム経過報告 【3045レイアウト変更 part4】

 

f:id:Aquaimori:20180711213537p:plain

どうも!f:id:Aquaimori:20180611091026j:plainもりぞう(@loveimori1)とf:id:Aquaimori:20180611091032j:plainモリミです。

 

はい!

今回はマダライモリを飼育しているケージの経過報告です!

約1ヵ月が経過しました!

 

1ヵ月前はこちらです。

 

そして現在の全体像はこんな感じです。

大きな変化は中央の洞窟を埋めたことくらいです。

それ以外はあまり変化が見られませんが小さい変化はあります。

では詳しく見ていきましょう。

 

左側面のミツデウラボシは少し成長したように思います。

f:id:Aquaimori:20180711212322p:plain

 

 

そしてテイカカズラを植え水場を設置しました。

マダライモリが水場を活用している所は未だ見たことがありません。

f:id:Aquaimori:20180711212349p:plain

f:id:Aquaimori:20180622152321j:plainテイカカズラについてWiki先生が説明しよう。

テイカカズラ(定家葛、学名Trachelospermum asiaticum)は、キョウチクトウ科テイカカズラ属つる性常緑低木有毒植物である。

茎や葉を切ると白い乳液が出る(有毒)。

引用元:テイカカズラ - Wikipedia

 

有毒植物(ゆうどくしょくぶつ)とは、その全体あるいは一部にを持つ植物毒草(どくそう)とも言うが、草本類だけでなく木本類も含めた言葉の厳密性から有毒植物という言葉が用いられる。植物に含まれる毒としてはアルカロイド類が多い。

引用元:有毒植物 - Wikipedia

有毒植物ということを初めて知りました。

 

 

 

そしてホソバオキナゴケの調子が上がってきました。

非常に細かな葉で綺麗で乾燥にも強く1日1回の霧吹きで育成できるおすすめのコケです。

マダライモリが隠れ家に隠れています。 

 

背面右のシダ植物も新芽を次々に出しています。

 

もりぞうとモリミは高台に登りました。

 

 

まとめ

少しずつではありますが植物が成長してレイアウトがより良い環境になってきています。これもパルダリウムやアクアリウムの面白いところです。

パルダリウムはアクアリウムに比べると水替えの手間やコケの対策などが無い分管理は簡単だと思います。しかしハエやダニといった小さい虫が発生することがあるのでそこには何らかの対策が必要だと思います。

またテイカカズラに関しては有毒植物ということでイモリに影響があるのかは分からないので詳しく調べていきます。ただ不安要素は減らしたいので撤去すると思います。

 

皆さんもLet’sパルダリウム!!

ありがとうございました。

 

読者登録、★、Twitterinstagramフォローよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村

www.instagram.com