アクアリストフリーランス(仮)

人生一度きり。後悔しない人生に。

第2回 中国地方の最高峰 大山 in 鳥取 前編【旅行シリーズpart14-1】

f:id:Aquaimori:20180714103727p:plain

どうも登山見習いのf:id:Aquaimori:20180611091026j:plainもりぞう(@loveimori1)とf:id:Aquaimori:20180611091032j:plainモリミです。

はい!

今回は中国地方の最高峰である大山(だいせん)登山に行ってきました。

 

 

大山とは

海抜1709mの大山は中国地方最高峰北西側の姿から別名「伯耆富士

大山は1922年(昭和11年)、日本で3番目の国立公園となり、その後1963年(昭和38年)に蒜山地域、隠岐島島根半島、三瓶山地域が追加指定され現在の「大山隠岐国立公園」となりました。 富士山とは大いに異なる複成火山で、古期の成層火山と新規の鐘状火山とからなり、山頂部分の大円頂丘は傾斜30度、比高840mにも及ぶなど、後の小爆発や烈しい侵食と崩落によって、南壁や北壁の急崖を形成。なだらかな傾斜の西側の風景とは異なり、険しい山容を描き出しています。

URL:国立公園大山ってどんなとこ?大山とは

 

18:10 駐車場到着

今回も夏山登山道を登りました。

無料駐車場(黄丸)に駐車して夏山登山道(赤)を登山して山頂の避難小屋(オレンジ丸)で1泊し行者登山道(青)を下山しました。

f:id:Aquaimori:20180714092532p:plain

駐車場で登山の準備をして一木一石運動の石を山頂まで持って上がる活動にも参加しました。

 

一木一石運動とは

大山では登山者に踏み荒らされたことが原因で植物が年々減っていき山の保水力が低下していて、その結果雨水による浸食溝がいたる所で発生しているようです。そこで登山者が石を持って上がりそれで浸食溝を埋めて緑を復活させ、崩落の危機から守っていこうという取り組みです。

 

 

 

18:30 登山開始

いざ出陣!

 

綺麗な植物を発見!

ユキノシタのようですが正確には分かりません。

 

18:40 一合到着

この時点では緩やかな階段なのでまだまだ余裕でした。

 

パルダリウムで活かせそうな風景です。

こんなレイアウトをして水を垂らしてイモリがいる。

最高だ!!!

こんなことを考えながら登っていました。

そこからは以下のように順調に進んでいきました。

18:50 二合到着

19:00 三合到着(標高1070m)

19:16 四合到着

 

19:31 五合到着(標高1245m)

三合~五号間はかなりきつかったです。

この時点で日が大分落ちてきました。

六合~七号あたりで日没だと思います。

 

綺麗な夕焼けです。

明日は晴れだと思います。

 

そして19:49 六合到着

五合~六合は路面が階段や岩場などで険しく、さらに傾斜がきついため一番しんどかったです。

 

20:11 七号到着

すっかりと日は落ちLEDヘッドライトがないと真っ暗です。

もちろん街灯はないのでLEDの電池が切れたら立ち往生です。

 

そして20:32 八号到着(標高1580m)

20:44 九号到着

 

20:55 山頂到着(標高1709m)

暗闇の中山頂に到着しました。

六号~山頂まではそこまで傾斜はありませんし木の緩やかな道が整備されているので楽に上ることができました。

 

まとめ

18:30 登山開始

18:40 一合到着

18:50 二合到着

19:00 三合到着(標高1070m)

19:16 四合到着

19:31 五合到着(標高1245m)

19:49 六合到着

20:11 七号到着

20:32 八号到着(標高1580m)

20:44 九号到着

20:55 山頂到着(標高1709m)

 

所要時間2時間25分でした。

今回の登山の目的は下半身の筋トレと朝日を見るそして綺麗な植物を発見する。

この3点です。

綺麗な植物は発見できたので1つの目的は達成しました。

 

後編では山頂の朝日から下山までを書こうと思います。

ありがとうございました。

 

読者登録、★、Twitterinstagramフォローよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村

www.instagram.com