アクアリストフリーランス(仮)

人生一度きり。後悔しない人生に。

登山で学んだ7つのこと

f:id:Aquaimori:20180716092923p:plain

どうも登山見習いのf:id:Aquaimori:20180611091026j:plainもりぞう(@loveimori1)とf:id:Aquaimori:20180611091032j:plainモリミです。

はい!

今回は登山家見習いとして山で学んだことを書きます。

 

 

杖を活用する

登山中杖を活用することで脚への負担を減らすことができます。

杖なしで登山したことがありますが疲れが違います。

両手に1本ずつ杖を持つのもいいですが片手はカメラで写真を撮ったりや水分を補給するためにフリーにするのも良いと思います。

I型とT型がありますが下山に効果的なのはT型です。

 

刺される前に虫よけ

山は虫がたくさんいます。

蚊やブト、アブなど刺されると大きく腫れることもあります。

私は大山をハーフパンツで登山したのでブトに刺されて今大きく腫れています。

とても痒いです。

なので肌を露出するのであれば虫よけは必要だと思います。

 

夜間は照明

夜間の登山には必須アイテムです。

登山道には基本的には街灯はありません。

そして山はとても暗いので照明がないと立ち往生してしまいます。

 

靴ひもを締める

下山時の話ですがつま先に体重がかかり痛めることがあります。

そのためしっかりと靴ひもを締めて足首で固定するようにしたほうが良いと思います。

 

飲料はホルダーに入れる

登山中は定期的に水分補給をしますがリュックに入れていると出すのに手間がかかります。そのため簡単に取り出せるようにホルダーに入れることをおすすめします。

 

止まると寒くなるので着替えは必要

登山中は汗をかきます。

さらに山頂に近づくにつれて気温も下がってきます。

つまり止まるととても寒いです。

最低でも1枚は必要だと思います。

 

山頂の気温を調べる

山頂で1泊する場合は気温を調べて寝袋を持って上がるのか、長袖長ズボンがいるのかしっかり調べて準備をしたほうがいいと思います。

私は寝袋がなかったら17℃の中半袖半ズボンで寝ることになっていました。

 

まとめ

これから登山を始める方の参考になればと思います。

ありがとうございました。

 

読者登録、★、Twitterinstagramフォローよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村

www.instagram.com